使用方法

1.Rcycle(2.00)の概要

 (1)Rcycleとは
 Rcycleは冷媒の熱力学的性質から算出される蒸気圧縮式冷凍サイクルの理論特性と物性値を計算 するためのツールです。対象としている冷媒は、R32, R125, R134a, R143a, R152a, R290, R404A, R407C, R410A, R507A, R600a, R744, R1234yf で、状態式はR290はLemmonらの式、R600aはBückerらの式、R1234yfは AKASAKAらの式、R404A, R407C, R410A, R507Aは組成を固定した独自の式、その他はISO17584:2005「Refrigerant Properties」に 記載の式を用いている。ただし、煩雑になる気液平衡計算は行わず回帰式で算出している。
 輸送的物性については技術資料の粘度の推算熱伝導率の推算を基に作成している。

 (2)インストール
  ダウンロードしたアーカイブを任意のフォルダに保存。
  アーカイブ(Rcycle200.cab)を解凍(cabファイルを解凍できるソフトが必要)。
  解凍されたファイルのsetup.exeをダブルクリックしてインストール。
   注:インストール時に「マイクルソフト ソフトウェア追加ライセンス条項」の同意
     が求められます。「同意する」をクリックしてください。
  実行はスタート→eMAPEO→Rcycle

2.動作環境

 使用言語:Microsoft Visual Basic 2010
 確認済みOS:windows10(32/64)

3.操作方法

(1)Rcycle.exe起動画面

起動時は、R32、冷凍サイクル、温度単位K、圧力単位kPaが選択されている。

(2)メニューバー

(ⅰ)ファイル

 ・計算結果(出力)の保存

 ・計算結果(出力)の印刷

 ・終了

(ⅱ)冷媒 
R32,R125,R134a,R143a,R152a,R290,R404A,R407C,R410A,R507A,R600a,
R744,R1234yf
(ⅲ)環境設定
・冷凍サイクル --- 冷凍サイクル計算画面に移行
・物性推算 --------- 物性推算画面に移行
・単位 --------------- 温度(℃,K)、圧力(kPa,MPa)の選定
(ⅳ)ヘルプ
Version表示
(3)選択冷媒の表示
 選択した冷媒と計算可能温度、圧力を表示。計算可能範囲は密度もあるが表示は無し。この
 部分を右クリックすると冷媒情報が表示される。

(4)入力画面
(ⅰ)冷凍サイクル

計算条件を設定し値を入力後、計算ボタンをクリックあるいはEnterで計算を実行。
計算条件

    1. 高圧側:圧力、凝縮温度、平均温度
    2. 低圧側:圧力、蒸発温度、平均温度 
    3. 高圧側出口:サブクール、出口温度
    4. 圧縮機入口:スーパーヒート、入口温度

ここで、相変化時に温度勾配をもつ非共沸混合冷媒の凝縮温度は沸点と露点の算術平均、蒸発温度は入口温度と露点の算術平均を用いている。また、平均温度は高圧側、低圧側ともに、入口出口のエンタルピ差をエントロピ差で除した値としている。
蒸気圧縮機式冷凍サイクルの減圧過程は等エンタルピ変化であるが、比較のために等エントロピ変化も計算可能にしている。

計算結果の一例

 (ⅱ)物性推算

計算条件を設定し値を入力後、推算ボタンをクリックあるいはEnterで計算を実行。
計算条件
・上段:圧力、温度 
・下段:温度、密度、エンタルピ、エントロピ
上段の圧力、温度のみ値を入力した場合それぞれ圧力基準、温度基準の飽和物性を計算。上段、下段ともに値を入力した場合、特定点の物性値を計算。上段と下段ともに温度を選定した場合、下段の数値は無視され飽和物性が算出される。また、圧力とエンタルピからの物性推算では、条件により複数の解があり通常は圧力の低い点が表示される。
計算結果の例

(4)出力画面
出力画面を右クリックすると、出力画面のコピー、削除等のメニュー画面が表示される。

来歴

・2014.12.10 Rcycle Ver1.0 公開

・2017.06.26 Rcycle Ver2.0 公開
   主な変更点
   不具合点の改善
   状態式の変更 (R290、R600a、R404A、R407C、R410A、R507C)
   粘度、熱伝導率の追加

参考文献

・ISO17584:2005「Refrigerant Properties」.

・Eric W. Lemmon Mark, O. McLinden and Wolfgang Wagner, "Thermodynamic Properties of Propane. III. A Reference Equation of State for Temperatures from the Melting Line to 650 K and Pressures up to 1000 MPa", J. Chem. Eng. Data, 54(12) (2009.12) 

・D. Bücker and W. Wagner, "Reference Equations of State for the Thermodynamic Properties of Fluid Phase n-Butane and Isobutane",J. Phys. Chem. Ref. Data, 35(2) (2006.6)

・R. Akasaka, Y. Kano and K. Fujii, “FUNDAMENTAL EQUATION OF STATE FOR 2,3,3,3-TETRAFLUOROPROPENE (HFO-1234yf) “,2010 International Symposium on Next-generation Air Conditioning and Refrigeration Technology(2010.2).

4.その他

 ・Rcycleの著作権はHiroaki MATSUSHIMAにあります。
 ・ ご意見・ご感想・ご要望・バグ情報などありましたらお問い合わせからご連絡ください。